『atama+』の問題回答数1,000万件突破
大量のデータを活用し学習範囲の習得にかかる時間を予測する機能を提供開始

atama plus株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:稲田 大輔、以下「atama plus」)は、学習を一人ひとりに最適化するAI先生『atama+』で学ぶ生徒の問題回答数が1,000万件を突破したことをお知らせいたします。また、これまで蓄積されてきた『atama+』の大量のデータを活用し、生徒一人ひとりが目標とする学習範囲を習得するまでに必要な『atama+』での残り学習時間を予測する機能の提供を開始しました。これにより、生徒一人ひとりが自分のペースにあった学習計画をたてることが可能となります。

 
AI先生『atama+』は、一人ひとりの生徒が目標とする学習範囲を最短時間で習得するために、理解が不足している箇所やその根本原因を特定し、それらを効率的に習得する学習カリキュラムを作成します。2017年のサービス開始以来、駿台教育センター、学研塾ホールディングス、城南進学研究社等の全国の塾・予備校500以上の教室に導入されており、この度、生徒が解いた問題数が累計1,000万件を突破しました。『atama+』のアルゴリズムやコンテンツは多くの生徒が利用しているデータをもとに日々最適化されています。
 
従来の生徒全員が一律の教育を履修する場合は、全員の授業時間は一律となりますが、本来は各生徒の得意箇所・苦手箇所は異なるため、それぞれの生徒が目標とする学習範囲を習得するのにかかる時間も異なります。今般、各生徒の学習傾向や学習履歴から目標範囲の習得までに必要な残り学習時間をリアルタイムに予測できるようになったことで、各生徒が自分にあった学習スケジュールを作成し、各自の目標にあわせて塾・予備校への通塾ペースを計画することが可能となります。atama plusでは今後も、学習データを活用して学びのあり方を進化させていきます。