城南進学研究社が「城南予備校」の全校舎を終了し、AI先生「atama+」を活用した「城南予備校DUO」に全面移行。
さらに、個別指導塾「城南コベッツ」の全国150教室に「atama+」を順次導入

atama plus株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:稲田 大輔、以下「atama plus」)と株式会社城南進学研究社 (本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長CEO:下村 勝己)は、城南進学研究社が、これまでの基幹事業であった「城南予備校」を、2020年3月末にatama plusのタブレット型AI教材「atama+」を活用した「城南予備校DUO」に全面移行することをご報告いたします。さらに、2020年3月より城南進学研究社が運営する個別指導塾「城南コベッツ」にも「atama+」を本格導入、全国150教室で「atama+」を活用した講座を順次開設いたします。
 

左から城南進学研究社 下村代表取締役社長CEO、atama plus 稲田

 

atama plusは「教育に、人に、社会に、次の可能性を。」をMissionに掲げ、学習を一人ひとりに最適化するAI先生「atama+」を全国の塾・予備校に提供しています(現在は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、生徒が自宅でも「atama+」の授業を受講可能となるWeb版を開発し、導入塾・予備校への臨時提供を実施しています)。城南進学研究社においては、プロ講師による個別指導とAI教材を用いた個別学習を提供する「城南予備校DUO」を2018年12月より開校し、AI教材として採択した「atama+」の活用を進めてまいりました。
 
その結果、「atama+」を利用した受講生(中学・高校生)の成績向上や生徒・保護者の満足度において従来の予備校での結果を大幅に上回る成果が得られたことから、講師が教壇に立って教える集団授業型の「城南予備校」の全校舎を、2020年3月末をもって終了し、「城南予備校DUO」に移行することとなりました。
 

 
また、城南進学研究社が運営する個別指導塾「城南コベッツ」においても2019年6月より試験的に「atama+」を導入し、両社で「atama+」を活用した講座の運営モデル設計に取り組んできた結果、「城南予備校DUO」と同様に生徒の大幅な成績向上が確認できたことから、2020年3月より全国の「城南コベッツ」150教室に「atama+」を順次導入することとなりました。
 
今後も、atama plusと城南進学研究社は、AIを活用した新しい学びのあり方を追求し、生徒一人ひとりに合った学習を提供してまいります。
 
◇「atama+」利用生徒の学習成果
・Aさん[高2・城南予備校DUO蒲田校]
高1の学年末テストと高2の1学期中間テストでの点数比較
数Ⅰ・Ⅱ:43点→74点 31点アップ
数A・B :51点→82点 31点アップ
※atama+での学習は高2の5-6月の2ヶ月間で27時間
<感想>
「atama+」で数学を始めた時、中学から苦手だった「関数」にさかのぼりました。以前通っていた個別指導塾では恥ずかしいと思いましたが、AI教材では恥ずかしくないし、「必要な勉強だ」と思えたおかげで、実際に力がつきました。
 
・Bさん[高1生(私立中高一貫校)・城南予備校DUO新百合ヶ丘校]
中3の学年末テストと高1の1学期中間テストでの点数比較
数 学 :33点→68点 35点アップ 
※atama+での学習は高1の5-6月の2ヶ月間で29時間
<感想>
人に聞いたことは流してしまったりしますが、「atama+」では講義メモにノートを取って見返す癖をつけることができました。また、自分のために自動的に用意される講義動画も止めて考える時間を作ることができ、ノートをきれいにまとめる時間も取れることが、自分のペースで学習することにつながりました。
 
 

■株式会社城南進学研究社 会社概要
所在地  :神奈川県川崎市川崎区駅前本町22-2
設立   :1982年9月
代表者  :代表取締役社長 CEO 下村 勝己
事業内容 :予備校、進学教室、その他各種教室の経営
フランチャイズチェーンシステムによる予備校、進学教室の募集及び経営指導
大学、高校及び中学受験用教材の企画、制作、販売
保育に関する事業
URL  :https://www.johnan.co.jp/
Facebook :https://www.facebook.com/johnanacademygroup/
 
 
[本プレスリリースに関するお問合せ先]
atama plus株式会社
担当:杉本
E-mail:pr@atama.plus